技術仲介などを手掛けるナインシグマ・ジャパンは、体内埋め込み型の医療機器に利用するための直径3mm以下の小型電池を求めていることを明らかにした。次世代の医療機器を実現するため、新たな電池を必要としている医療機器メーカーからの依頼によるものであるという。

ここからは会員の登録が必要です。