米Integrated Device Technology(IDT)社は、2013年3月27日、同社製品の中で最小の位相ジッタを実現したMEMS発振器「4Hシリーズ」を発表した。12kHz~20MHzの範囲における標準値で300fs以下の位相ジッタを実現した。1.875Hz~20MHzの範囲における標準値は100fsであり、同社は「業界で初めて100fsの位相ジッタ性能を実現した差動出力型のMEMS発振器」であるとする。LVDS/LVPECLに対応した差動出力を備えており、10GビットEthernet対応のスイッチやルータといった高性能なネットワーク機器に向ける。

ここからは会員の登録が必要です。