日立マクセル(本社東京)は、充放電中のリチウム(Li)イオン2次電池におけるLiイオンの動きをリアルタイムに観察する技術を確立したと発表した。さらに、同技術を用いてエネルギ密度が従来の1.6倍で、かつ長寿命のLiイオン2次電池を開発した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!