日産自動車は、車体の軽量化を進めるため、車体部品における超高張力鋼板(超ハイテン材)の採用を2017年以降に発売する新型車において重量ベースで25%まで拡大すると発表した。

ここからは会員の登録が必要です。