ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は、大型原油タンカーの設計に形状最適化ツールを用い、航行時に必要な「制動馬力」を2.1%低減した。最適化ツールを供給したヴァイナス(本社大阪市)が発表した。船型開発工数は75%削減できたという。

ここからは会員の登録が必要です。