三菱重工業は、リチウムイオン2次電池を搭載した小型ポータブル電源「VOLTANK ML500i」を自社開発し、販売を開始した。最大出力500Wまでの電気機器が使え、ノートパソコンでは15時間程度の利用が可能である。可搬性、設置性にも優れる。BCP対策の非常用電源や、野外イベント向けの電源など幅広い用途を狙う。

ここからは会員の登録が必要です。