日本精機は2013年2月14日、画面サイズを従来の最大2.7型から同5型級まで拡大した、パッシブ・マトリクス型モノクロ有機ELパネルの販売を開始すると発表した。2.8型(256×136ドット)、3.3型(256×68ドット)、3.6型(256×136ドット)、4.2型(256×68ドット)の4製品を、標準仕様品として販売する。発光色はホワイト、レッド、グリーン、スカイブルー、イエロー、アンバーの6色から選択できる。同社は、カー・オーディオや空調コントローラなどの車載機器や、POS端末や計測器などの産業機器への採用を見込む。

ここからは会員の登録が必要です。