三菱マテリアルは、DC/DCコンバータやパワー・コンディショナ、インバータなどの静音化および高効率化が可能なリアクトル用圧粉成形コアを開発した。電気自動車、太陽光/風力発電システム、エアコンといった製品への搭載を想定している。ベース材および添加材の組成や製造(添加/成形/熱処理)プロセスを見直すことで、従来品に比べて騒音や鉄損を低減できたという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!