米Texas Instruments(TI)社は、VID (voltage identification)コードに対応したプログラマブルな電流出力D-A変換器IC「LM10011」を発売した。このICを使えば、VIDコードに対応していないDC-DCコンバータICでも、プロセサやDSPなどが出力するVIDコードで出力電圧を制御することが可能になる。具体的には、プロセサやDSPが出力するVIDコードを入力とし、それに応じて変化する出力電流をDC-DCコンバータのフィードバック端子に流し込めばよい。4ビットもしくは6ビットのVIDコードに対応しており、端子設定でユーザーはどちらかを選択できる。TI社のDSP「C6000」やマルチコアDSP「Keystone」などに対応する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!