三菱重工業は、サウジアラビア国営のサウジ電力会社(SEC:Saudi Electricity Company)が建設する大規模石油火力発電所向けに、出力70万kW級の超臨界圧蒸気タービン発電機4基と超臨界圧ボイラ・コンポーネントを受注した。EPC(設計、調達、建設)契約者である韓国現代重工業社からの受注で、納期は2014年9月~2015年3月である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!