NTTは2013年2月8日、HTML5のコンテンツを自動的に分割し、複数の機器で連携動作できる技術を開発したと発表した。WebサーバーとWebブラウザー端末の間に位置するサーバー(中間サーバー)で動作し、端末の構成に応じてHTMLコンテンツを配信する。

ここからは会員の登録が必要です。