米Avago Technologies社は、ハイサイド・スイッチとローサイド・スイッチで構成されるMOSFETバッファ段のゲート駆動に向けた2出力のフォトカプラ「ACPL-339J」を発売した(ニュースリリース)。最大駆動能力は1A。MOSFETのほか、IGBTの駆動も可能だ。貫通電流(クロス導通)の発生と電力損失の低減を目的に、「アクティブ・タイミング・コントロール回路」を内蔵した。モーター駆動回路や、太陽光発電システム用インバータ、産業用インバータ、スイッチング電源などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!