日本オラクルの発表によると、マツダは、自動車の企画・開発から生産までの全プロセスをカバーするITシステム「マツダデジタルイノベーション(MDI)システム」のサーバー群を、米Oracle社の「SPARC T4」(OSはOracle Solaris)で刷新した。エンジニアが使う際の応答時間を半減しながら、運用コストを約40%低減した。

ここからは会員の登録が必要です。