マツダは、タイのチョンブリ県に年間生産能力40万基規模の変速機工場を建設し、2015年度上半期から生産することを決めた。総投資額は約260億円となる見込み。同社の新世代自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を生産する。

ここからは会員の登録が必要です。