三菱電機は、2012年8月から東京地下鉄(東京メトロ)の東西線西船橋変電所で実施していた「駅舎補助電源装置(S-EIV)」の実証実験の結果を発表した。S-EIVを使うことで駅での消費電力を1日当たり約600kWh 削減できることが実証できた。

ここからは会員の登録が必要です。