米Dassault Systemes SolidWorks社は、3Dコミュニケーション・ツール「eDrawings」のiPad版に、拡張現実感(AR:augmented reality)の機能を追加する予定であることを、米国フロリダ州オーランドで開催した「SolidWorks World 2013」で明らかにした。リリース時期は2013年第1四半期の計画だ。さらに、「Andoroid版eDrawingsは、2013年夏ごろに出す」(同社Product Management担当副社長のFielder Hiss氏)とした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!