産業技術総合研究所の先進製造プロセス研究部門は、持ち運びできるハンディ燃料電池システムを開発した。燃料極材料でチューブを作製し、チューブ表面に電解質と空気極を形成したマイクロチューブ型の固体酸化物型燃料電池(SOFC)を利用した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!