川崎重工業は、水を冷媒とした小型ターボ冷凍機を2013年2月に発売する(ニュースリリース)。冷凍能力は352kW。小規模のビルや工場、事務所の空調用途を狙う。ノンフロン、オイルフリー、コンパクト設計を実現しながら冷却性能は代替フロン系冷媒冷凍機と同等を確保した。

ここからは会員の登録が必要です。