住友電気工業は、同社大阪製作所内にある超電導線材製造工場への3.3kV配電系統に、高温超電導ケーブルなどで構成する高温超電導配電システムを設置し、長期実証運転を開始した。長さ35mの高温超電導ケーブル2本や超電導分岐箱、既設の電力ケーブルと接続するための終端接続部、これらを冷却する液体窒素循環型冷却システム、監視システムから成る。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!