韓国Seoul Semiconductor社は、1mm角の青色LEDチップと蛍光体を組み合わせた、光束500lm程度の白色LEDを開発し、照明関連の展示会「第5回次世代照明技術展」(2013年1月16~18日、東京ビッグサイト)で展示した。特徴として、従来よりも明るくしやすい点を挙げる。開発品は既に三菱化学メディアのLED電球製品(ブランド名は「Verbatim(バーベイタム)」)に採用されることが決まっている。三菱化学メディアは、同電球を2013年3月から量産する予定である。

ここからは会員の登録が必要です。