富士通は同社のSPARC64シリーズの最新マイクロプロセサ(MPU)である「SPARC64 X(テン)」を開発し、同MPUを搭載したUNIXサーバーの新製品「SPARC M10」を2013年1月18日に東京都内で発表した。SPARC64 Xは、16個のプロセサ・コアを内蔵し、最大動作周波数は3.0GHz。台湾TSMC社が28nmプロセスで製造する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!