米Intersil社は、最大95%の変換効率が得られる500mA出力の昇圧型DC-DCコンバータIC「ISL9113」を発売した。オン抵抗が低いMOSFETを集積することで、変換効率を高めたとする。nチャネルMOSFETのオン抵抗は0.20Ω(標準値)、pチャネルMOSFETは0.35Ω(標準値)。入力電圧範囲は+0.8~4.7V。1セルのLiイオン/Liポリマ2次電池で駆動する携帯型電子機器に向ける。具体的にはスマートフォンやタブレット端末などである。

ここからは会員の登録が必要です。