アドバンテストは、SoCテスター「T2000」とハンドラ「M4841」で構成されるテスト・セルが、米Marvell Semiconductor社に採用されたと発表した。このテスト・セルは最大16個のSoCを同時測定可能で、量産テスト・コスト削減を実現するという。

ここからは会員の登録が必要です。