日本精工(NSK)は、新興国の荒れた路面向けに、耐久性が高く、感触のよいコラムアシスト式EPS(電動パワーステアリング)用の中間軸を開発した。コラムアシスト式のEPSでは、モータの力を、中間軸を介してタイロッドに伝える。中間軸は、回転(操舵角と操舵力)を伝えるだけでなく、伸縮することで、車体のたわみを吸収する。

ここからは会員の登録が必要です。