NECは、データセンター(DC)の排熱を再利用するなど省エネルギ化の技術開発を進める。DCが入ったビル内の空調や給湯に排熱を使えるようにする他、2020年には熱電変換によって電力としての再利用を目指す。これにより、データセンター全体のエネルギ消費量を現在から3割以上削減する。2012年12月5日に開催した研究開発説明会で、技術の概要やロードマップを明らかにした。

ここからは会員の登録が必要です。