沖電線は、マシンビジョンに最適な高耐久可動ケーブル「USB3 Vision可動ケーブル」を開発し、2013年2月から販売を開始する。画像検査装置などのマシンビジョン用途に最適な5Gビット/秒の高速伝送USB3.0に対応し、かつ高耐久可動性という特徴を備えた新しいインタフェース・ケーブルである。部品自動実装装置や外観検査装置、医療用検査装置、半導体や液晶の露光装置などに向ける。2013年度に1億円以上の販売額を目指す。

ここからは会員の登録が必要です。