立命館大学は、帯域可変のフィルタ実現に向け、液滴を使って静電容量を可変にするフィルタ技術を開発、2012年11月末にパシフィコ横浜で開催したMWE 2012(2012 Microwave Workshops and Exhibition)の展示会「マイクロウェーブ展2012」で、研究成果を報告した。スマートフォンなどの小型機器で、複数の無線サービスを送受信するような、マルチバンド型RF回路への適用を想定する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!