JFEは自動車の車体骨格部品向けに従来よりも伸びの大きな590~980MPa級の高張力合金化溶融亜鉛めっき(ハイテンGA)鋼板を開発した。このうち780MPa級のハイテンGA鋼板を、ある乗用車メーカーが骨格部品に採用した(図1)。伸びの大きい780MPa級ハイテンGA鋼板が採用されたのは初めて。

ここからは会員の登録が必要です。