米3DConnexion社は、2013年第1四半期をメドに、日本法人を設立して国内販売を強化する意向を明らかにした。「まずは、機械系CADの分野から売り込みを強化し、やがて建築分野やグラフィックス分野に広げていきたい」(同社Senior Sales DirectorのMark Driscoll氏)という。単に3次元モデルの扱いが直感的になるというだけではなく、3次元CADの操作時間を短縮し、生産性を向上できることを訴求する。さらに、複数のアプリケーションで3次元オブジェクトの操作方法を統一できることもメリットになる。

ここからは会員の登録が必要です。