日産自動車は、EV(電気自動車)「リーフ」の部分改良を機に、駆動モータ用のVR型レゾルバを多摩川精機製からミネベア製に変更した。ミネベアはこのために様々な磁場解析技術を駆使してシミュレーションをし、レゾルバ巻き線の仕様と、ロータとステータの形状を決めることで、モータの特性を向上できるレゾルバを実現した。現在、EV、HEV(ハイブリッド車)では多摩川精機が極めて高いシェアを持つ。日本製EVにミネベア製のレゾルバが載るのは、トヨタ車体の超小型EV「コムス」に続いて2例目。

ここからは会員の登録が必要です。