イーソルは、コア数が数十個を超えるような、いわゆる「メニーコア」型のマイクロプロセサに向けたリアルタイムOS「MCOS(Many-Core real-time OS)」(仮称)の開発を進めていることを明らかにした。同社はMCOSのプロトタイプの開発を終え、「Embedded Technology 2012」(2012年11月14~16日、横浜市)で動作を実演した。2013年第4四半期にMCOSの評価版の一般提供を開始する予定である。

ここからは会員の登録が必要です。