インテルとゼンリンは、いわゆる「HTML5」を使う地図アプリケーション・ソフトウエアの開発で協業すると発表した。パソコンやスマートフォン、車載情報端末などの複数のプラットフォームに対応するとともに、地図や関連情報をサーバー側で随時更新できる利点がある。インテルは、両社の協業の下でニューフォリアが開発した車載情報端末用のデモ・システムを「Embedded Technology 2012」(2012年11月14~16日、横浜市)に出展した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!