住友電気工業と京都大学の研究グループは、「第53回 電池討論会」(11月14~16日、ヒルトン福岡シーホーク)で、イオン液体の1種である溶融塩を用いて中低温で作動するNaイオン2次電池の特性向上について、「大型ナトリウム二次電池の実用特性」(講演番号:1E32)と題して講演した。

ここからは会員の登録が必要です。