富士フイルムは、皮膚に貼るだけで薬剤を体内に届けることができる「マイクロニードルアレイ」を開発した。マイクロニードルアレイは、100μ~2000μmの長さの微細な突起をシート上に配しており、皮膚表面に貼ることで、突起部分から薬剤を皮膚に浸透させ、体内に届けることができる。突起部分は、皮膚に貼っても注射のような痛みを感じることがないという。

ここからは会員の登録が必要です。