米Synopsys社は、伊仏合弁STMicroelectronics社がSynopsysのATPG「TetraMAX」と歩留り解析ツール「Yield Explorer」を量産適用したと発表した。これによってSTMicroは、新規設計したチップで最も深刻なシステマティック・エラーのメカニズムを短期間で解明できるようになり、歩留り改善のスピード・アップが図れた。

ここからは会員の登録が必要です。