三菱化学とフランスFaurecia社は、自動車の内装部材に使うバイオ樹脂を共同開発することで合意した。2014年をめどに、内装部材に適した性能があり、かつ植物原料を使ったポリブチレンサクシネート(PBS)の開発を目指す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!