東芝機械は、新興国市場向けに価格を下げた門型マシニングセンタ(MC)「MPJ-2650」を開発、「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した(図)。部品点数を3割程度減らした他、部品の海外調達を進めるなどの工夫で価格を従来よりも2~3割安くした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!