エンシュウは、焼き入れや溶接といった熱処理・熱加工工程に使える半導体レーザ加工機「LBM10」を「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)に出展した。従来は専用施設で実施していた熱処理・熱加工工程をインライン化できるので、リードタイム短縮や品質向上などの観点から自動車部品メーカーなどで採用が進んでいるという。

ここからは会員の登録が必要です。