英ARM社は2012年10月30日に、同社の次世代アーキテクチャ「ARMv8」に基づく64ビットCPUコア「Cortex-A50シリーズ」を発表した。同シリーズの第一弾として、シングルスレッド処理性能の向上を優先した「Cortex-A57」(開発コード名は「Atlas」)と、電力効率の向上を優先した「同A53」(開発コード名は「Apollo」)を投入する。両者は命令セット互換であり、単独でSoCに実装可能な他、命令セットが互換でマイクロアーキテクチャが異なるCPUを組み合わせる「big.LITTLE」構成にも対応する。

ここからは会員の登録が必要です。