NXPセミコンダクターズジャパンは、路車/車車間通信用のRFトランシーバICとベースバンドICを搭載したシステムを報道陣向けに実演した(図1)。700M~5.9GHzと広い帯域に対応する。米国や欧州で主流の5.8~5.9GHz帯に加えて日本の700MHz帯で使えるので、一つのシステムで日米欧の路車/車車間通信に対応しやすい。2014年ごろの量産を目指す。

ここからは会員の登録が必要です。