佐川急便は、京都で宅配便の集荷・配達に3輪電気自動車(EV)の試験運行を始める。光岡自動車とユアサM&Bが宅配サービスなどで活用することを想定して開発した「雷駆-T3」2台を佐川急便の四条高倉サービスセンター(京都市中京区帯屋町)に置いて運行する。佐川急便グループで車両の整備と、新車や車体の販売を担当するSGモータースが、集荷、配達に適した専用の車体を架装した。今後1年をめどに各種のデータを取得しながら、効率的で環境負荷の少ない輸送モードを研究・開発する。

ここからは会員の登録が必要です。