「ワイヤレス給電では、規格側の対応出力の向上を待ってはいられない。顧客ニーズに応えるために、ICベンダーである我々が高出力対応を先行して進める」(米Integrated Device Technology(IDT)社 Vice President&General Manager, Analog and Power DivisionのArman Naghavi氏)――。IDT社は2012年10月26日に東京都内でワイヤレス給電用IC事業に関する説明会を催し、高出力対応に向けた計画などを明らかにした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!