米The MathWorks社は、マツダが「MATLAB」、「Simulink」、および「Model-Based Calibration Toolbox」を活用して、SKYACTIV TECHNOLOGYのエンジンの開発を加速したと発表した。これら三つを活用したことで、マツダは、世界中の厳格な排気ガス規制を満たしながら、SKYACTIVエンジンの効率性を最適化することができたという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!