ダイハツ工業は、インドネシアで発売予定の小型戦略車「AYLA(アイラ)」の現地調達率が8割以上(コストベース)であることを明らかにした(図1)。日系メーカーなどがインドネシアで生産する部品が多いが、「インドネシア資本の現地メーカーの部品も積極的に使った」(ダイハツ)とする。インドネシアには2輪車を手掛ける現地メーカーが多く、そうしたメーカーから自動車向けに転用しやすい部品を使ったようだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!