米Optimal Solutions Software社は、2012年11月に同社が出荷する予定のシミュレーション用最適化ツールの新版「Sculptor 3.2」に、シミュレーション用モデルでの変形結果を形状(CAD)モデルとして出力できる機能「Shape Matching」を追加する。機械製品の運転中に力や熱によって変形が生じている状況は、CADでは表現できないが、シミュレーションによって表現できる。この、シミュレーションによる変形をCADへ取り込む際に利用できる機能だ。

ここからは会員の登録が必要です。