米Maxim Integrated社は、光トランシーバ・モジュールに向けた低消費電力のチップセットを発売した。2チップ構成である。一つはレーザ・ドライバとリミティング・アンプを集積したIC「MAX3711」。もう一つは、SFP(small form factor pluggable)やPON ONU(passive optical network optical network unit)に対応した制御IC「DS1886」である。GPON(gigabit PON)やEPON(Ethernet PON)、10GPONなどの用途に向ける。

ここからは会員の登録が必要です。