米International Rectifier社は、コレクタ・エミッタ間飽和電圧(VCE(ON))が1.7V(標準値)と小さい+600V耐圧のIGBT(insulated gate bipolar transistor)を発売した。パッケージの違いで2製品を用意した。一つは、DRAKに封止した「IRGR4045DPBF」。もう一つは、D2PAKに封止した「IRGS4045PBF」である。いずれも薄型ウエハーを使ったフィールド・ストップ・トレンチ技術で製造した。同社によると、「従来品に比べると、スイッチング損失と導通損失の両方を削減できる。このため、電力密度の向上や、高周波動作での変換効率向上が実現できる」としている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!