ルネサス エレクトロニクスは、新しいシステム構成を採用したCPUコア向け電源チップセットを開発し、2013年1月から量産を始めると発表した。マイコン・コアを搭載した電源制御IC「R2A30521NP」と、パワーMOSFET(ハイサイド・スイッチとローサイド・スイッチ)とそのドライバ回路を集積した電源IC(パワー・デバイス)「R2J20759NP」の2チップ構成である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!