米Maxim Integrated社は、計測(メトロロジ)/セキュリティ/通信機能を搭載したスマート・メーター用SoC(system on a chip)「Zeus」を発売した。32ビット・プロセサ「MAXQ30」と英ARM社の32ビット・プロセサ「Cortex-M3」のほか、DSPを集積した。いわゆるマルチプロセサ構成である。MAXQ30とDSPは、計測(メトロロジ)機能を受け持つ。一方、Cortex-M3は1Mバイトのフラッシュ・メモリーとともに、通信機能とスーパーバイザ機能を担当する。動作周波数は、MAXQ30が40MHz、Cortex-M3が120MHzである。

ここからは会員の登録が必要です。