アサヒグループホールディングスの豊かさ創造研究所と農業・食品産業技術総合研究機構の九州沖縄農業研究センターは、砂糖とエタノールを従来と逆の順序で造る「逆転生産プロセス」を世界で初めて開発した。同プロセスを使うと、食糧の生産量を減らさずにエネルギを生産できる。“食糧と競合しないバイオエタノール”としてこれまで開発していたものは、食べられない植物を原料にするものだったが、それとは別のジャンルが現れたことになる。

ここからは会員の登録が必要です。